自動車保険の運転者限定特約

個人用の自動車保険には運転者限定特約と家族運転者等年齢条件特約というものがあります。
運転者限定特約とは契約をしている自動車を運転をする人を限定をしてしまうことで保険料を抑えることが出来る特約となります。


この運転者限定特約の種類としては、家族限定と本人・配偶者限定が存在をしています。



家族限定で言うところの家族の定義は本人・配偶者・本人若しくは配偶者と同居の親族・別居の未婚の子を指します。



一方、家族運転者等年齢条件特約とは契約をしている自動車を運転をする家族の年齢条件を設定をしてしまうことで、その年齢条件以下の家族が運転をしているときの事故については補償対象外とすることで、保険料を抑えることが出来る特約となります。



ここでいう家族とは本人・配偶者・本人若しくは配偶者と同居の親族を指します。家族運転者等年齢条件特約の種類としては全年齢補償・21歳以上補償・26歳以上補償・35歳以上補償などが存在をしています。


この二つの特約はどちらも家族を対象とした特約となりますが、それぞれで家族の定義が若干異なっている事に気付かれたでしょうか。運転者限定特約における家族には別居の未婚の子が含まれますが、家族運転者等年齢条件特約における家族には別居の未婚の子が含まれていません。
つまり、別居の未婚の子が契約をしている自動車を運転をする場合、運転者限定特約を付帯をしていなければたとえ家族運転者等年齢条件特約で設定をしている年齢条件以下の年齢であっても保険対応上は何ら問題は無くなるのです。

別居をしている未婚の子供が帰省をするたびに年齢条件を調整している方もいらっしゃいますが、その必要性は全くないのです。


このように自動車保険の運転者限定特約と家族運転者等年齢条件特約には微妙な関係性があるのです。上記で説明をした点にはくれぐれも注意をするとともに、今一度加入をしている保険の内容をよく確認をして自分に適切な条件となっているか確認をしておきましょう。